子育て支援 

手続き・事業

事業名
内容

母子健康手帳の交付

妊娠の届出により、母子健康手帳を交付します。

アンケート等のご記入をお願いしていますので、時間に余裕をもってお越しください。

窓口は、保健福祉センターこども課です。

 

【持ちもの】

①妊娠届出書※病院から発行された方のみ

②印鑑

③妊婦さんのマイナンバーがわかるもの

(個人番号カード、通知カード、個人番号記載の

 住民票の写しなど)

④写真付本人確認書類(運転免許証等)

妊産婦医療費受給資格者証交付

母子健康手帳と同時に手続きします。

医療費(保険診療分)の自己負担分※を助成します。

窓口は、保健福祉センターこども課です。

 

【持ちもの】

①妊婦さんご本人の健康保険証

②通帳

③印鑑

 

受給期間は母子健康手帳の交付を受けた月の初日または転入日から、出産した月の翌月末日または転出日までです。自己負担分の医療費を支払った後、医療機関ごとに助成申請書に記入し、領収書を添付してこども課または烏山庁舎市民課まで提出してください。

※薬局を除く医療機関ごとに入院・外来別で月額500円の自己負担があります。市が助成するときに申請額から控除します。また、入院時食事療養費は助成対象外です。

妊婦一般健康診査受診票の交付

産前の14回分及び産後2週間・1か月健診分の受診券を交付します。他市町村から転入してきた方については、前市町村の受診票をお持ちください。交換で交付します。

窓口は、保健福祉センターこども課です。

妊産婦・新生児・乳幼児訪問指導 妊娠中の生活や栄養、出産後の赤ちゃんの発育・発達について、保健師・助産師・管理栄養士等が自宅に伺い、相談に応じます。
妊産婦・育児健康相談 妊娠中や出産後の生活・栄養、またはお子さんの成長・食事について保健師、管理栄養士等が相談に応じます。
妊婦・産後ママサロン

妊娠期から産後の方を対象に各回でテーマを決めて実施します。仲間づくりやリラックス、情報交換の場として活用ください。

 妊婦・産後ママサロンのお知らせ(2019-R1).pdf [779KB pdfファイル] 

赤ちゃんが生まれてからの手続き

赤ちゃんが生まれたときは下記の手続きが必要です。出産前にご家族で確認し、準備をしておきましょう。

 赤ちゃんが生まれてからの手続き.pdf [566KB pdfファイル]