出生日や転入日から中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日までの間)のお子様の保険適用医療費自己負担分および入院時食事療養費を助成します。

 出生や転入の際には、印かん、お子様の保険証、保護者名義の預金通帳を持参し、保健福祉センターこども課で登録申請してください。加入保険、住所、氏等が変更になった場合は、変更届出が必要です。

★市外へ転出するときは、受給資格証を返却してください。

 

利用方法
  • 県内の医療機関等受診時に、保険証とこども医療費受給資格証を提示した場合は、医療機関窓口での支払いはありません。(現物給付)
  • 県外の医療機関等を受診した場合や、保険証と受給資格証を提示できなかった場合は、医療機関等で支払い後にこども医療費助成申請をしてください。後日、口座振込いたします。 (償還払い)
  • 保険適用の治療用装具(補装具)・治療用眼鏡は、すべて償還払いです。詳細は下記のPDFファイルをご確認ください。

 

ご利用にあたっての注意事項
  • 学校や幼稚園、保育園等でのケガなどは、学校等を通してスポーツ振興センターへ申請することになりますので、こども医療費受給資格証を使用する前に学校等にお問合せください。
  • 公費負担制度適用の疾病は助成対象外のため、医療機関等でこども医療費受給資格証は使用しないでください。
  • 健康保険が適用にならないものは助成対象外です。(健康診断・予防接種・薬容器代・おむつ代・文書料等)
  • ひとり親家庭医療費助成制度・重度心身障がい者医療費助成制度該当の中学3年生までのお子様は、こども医療費助成制度を優先的に使用してください。

  こども医療費助成制度について.pdf [183KB pdfファイル] 

  治療用装具(補装具)・治療用眼鏡 申請方法.pdf [148KB pdfファイル] 

 

コンビニ受診はやめましょう。医療費の適正化にご協力ください

◆とちぎ子ども救急電話相談◆

救急外来にかかる前に、家庭での対処法や受診目安のアドバイスが受けられます。

電話番号  ♯8000または 028-600-0099

相談時間 月~土 午後6時~翌朝8時 / 日・祝  24時間