新生児聴覚検査費用助成

 生まれてすぐの赤ちゃんに、聴覚障がいの疑いがないかを調べる検査です。耳の聞こえの障がいをできるだけ早く発見して、適切な支援につなげ、赤ちゃんの健やかな成長のためにも検査を受けましょう。

 

助成対象    令和2年4月1日以降に生まれ、新生児聴覚検査を受けた、市に住所があるお子さん

助成される検査 自動聴性脳幹反応性検査(AABR)または、耳音響放射検査(OAR)

助成金額    上限5,000円(確認検査が必要となった場合には、5,000円追加で助成します。)

検査の受け方  「新生児聴覚検査受診券」(白色)を医療機関に提出してください。

助成が受けられる医療機関

 県内の医療機関(現物給付)

※県外で受診する場合は、検査日から1年以内に下記窓口にて申請し、償還払いとなります。

<申請に必要なもの>

・新生児聴覚検査受診券

・通帳(保護者のもの)

・印鑑

・母子健康手帳(「検査の記録(新生児聴覚検査)」のコピー)

・領収書及び診療明細書の原本またはコピー

 

 

※妊娠届出の情報から、対象の方へ個別通知しています。

※詳細や、出産間近でも手元にない方は下記あて問い合わせください。