那須烏山市まち・ひと・しごと創生総合戦略

 本市では、まち・ひと・しごと創生法に基づき、「那須烏山市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を平成28年3月に策定しました。

人口ビジョン

 本市における人口の現状を分析のうえ、今後の目指すべき将来の方向と人口の将来展望を提示することを目的とし、総合戦略の実現に向けて効果的な施策に取り組むための重要な基礎として位置づけるものです。

 平成72(2060)年までを目標期間とし、平成24(2012)年現在1.36である合計特殊出生率を平成42(2030)年に1.8程度、平成72(2060)年までに2.1程度向上するため、若い世代の就労・結婚・子育ての環境を整備し転出の抑制を図り、平成47(2035)年までに人口移動を収束させることで平成72(2060)年の人口推計が12,000人から16,000人に抑えられると展望しています。

【平成28(2016)年4月1日現在:那須烏山市の人口27,880人[住民基本台帳人口]】

総合戦略

 本市の人口減少の深刻な状況と今後のあり方について市民と意識の共有を図り、長期的かつ総合的視点から有効な施策を迅速に実施するため、「那須烏山市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

 本市では4つの基本目標と17施策を設定し、人口減少の克服と地方創生に取り組みます。

  • 基本目標1:本市における安定した雇用を創出し、安心して働けるようにする
  • 基本目標2:本市への新しいひとの流れをつくる
  • 基本目標3:若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる
  • 基本目標4:時代にあった地域をつくり、安心な暮らしを守る

那須烏山市まち・ひと・しごと創生総合戦略 [30621KB pdfファイル]  

那須烏山市まち・ひと・しごと創生総合戦略(概要版) [4656KB pdfファイル] 
 

審議会の経過

策定の経過

 検証の結果