市議会は、市の政策の決定や市政のチェック、意見書や要望書の提出などの仕事があり、

 それらは与えられ た権限のもとで行われています。

  議会に与えられた権限として主なものは      

  1.議決権   

  2.選挙権   

  3.監査の請求権                   

  4.意見書の提出権

  5.請願・陳情を受理し処理する権限  等

   があります。

   これらの権限は、議会に与えられた権限で、議員個人に与えられたものではありません。

 

    1.議決権

     議会は、市の具体的な政策を最終的に議決します。

     市長が提案した案件や、議員から提出された案件に対し、議会として可否を表明す

    ることが最も重要なことで、議会の基本的な権限です。

     議決する主な内容は次のとおりです。(地方自治法第96条)

      ① 条例を制定又は改廃すること。

      ② 予算を定めること。

      ③ 決算を認定すること。   

      ④ 市税や分担金、使用料、手数料等の徴収に関すること。   

      ⑤ 契約を締結すること。  

      ⑥ 財産の取得や処分に関すること。

 

    2.選挙権

     議会は、議長、副議長及び仮議長並びに選挙管理委員及び補充員の選挙をします。

 

    3.監査の請求権

     議会が監査委員に対し、市の事務に関する監査を求め、その結果の報告を請求する

    ことができます。

 

    4.意見書の提出

     議会は、市の議決機関として議会の意見書を国・県等の行政庁に提出することがで

    きます。

 

    5.請願・陳情を受理し処理する権限

     議会は、市民の意見を広く行政に反映させるために、請願・陳情を受理し処理する

    権限があります。