栃木県では、飼養豚及び野生イノシシにおけるCSF(豚熱)の発生を予防するため、ウィルスを媒介する野生イノシシに対し、経口ワクチンの散布を実施します。

スケジュール

散布スケジュール等についてはこちらをご覧ください。

その他
  • ワクチンは、国の食品安全委員会で安全であると評価された成分からできています。
  • CSFは、豚・イノシシの病気であり、人に感染することはありません。
  • もしCSFに感染した豚やイノシシを食べても人体に影響はないとされています。