水道について知りたいこと分からないことなど、よくあるご質問にお答えします。

  水が止まらない

  水が出ない

  水がにごる

  塩素のにおいが気になる

  漏水かな?

 

水が止まらない 

蛇口の水が止まらない

蛇口の中の水栓コマを交換してみましょう。

①止水栓を閉める
水道メーターボックス内の「丙止水栓」を「閉める→」方向に閉めます。

②水栓コマを交換する
「ハンドル」、「パッキン押さえ」を取りはずし、古い「水栓コマ」を新しい「水栓コマ」と交換します。交換したら逆の手順で元に戻します。

③パッキンを交換しても丙止水栓を閉めても水が止まらないときは…
市の指定給水装置工事業者へご相談ください。

トイレの水が止まらない

タンクの中の「フロート」が、何かに引っかかっている場合があります。
タンクの中を確認してみましょう。

水が出ない

自分の家だけ水が出ない

水道メーターボックス内の「丙止水栓」を確認してください。閉まっている場合があります。
また、誰かが閉めてしまった場合があります。

ご近所も水が出ない

近くで工事をしていて断水している場合があります。近くで工事をしていないかどうか確認してください。
確認できないときは、上下水道課へお問合せください。

水道管が凍ってしまった

真冬に水道管が凍って水が出ないことがあります。タオルなどの布を蛇口や水道管に巻きつけ、上からゆっくりとぬるま湯をかけて中の氷を溶かしてください。
ただし、熱湯はかけないでください。水道管が破損する恐れがあります。

水道管が破裂してしまった

まずはじめに、水道メータボックス内の「丙止水栓」を閉めて水の流出を止めてください。破裂した部分にタオルなどの布を巻きつけ、更にその上からビニールのシートなどを巻きつけ飛散を抑えます。
その後、市の指定給水装置工事業者に修理を依頼してください。

水がにごる

水が白くにごる

水の中に空気が混ざっていると白くにごります。これは、白く小さな気泡が水の中に充満している状態ですので心配ありません。

茶、赤色の水が出る

朝晩の使い始めに、蛇口から赤茶色の水が出ることがあります。これは、宅内の水道管が錆びてその錆びが流れ出たものです。少しの間、水を流し続けてください。それでもにごりが取れないときは上下水道課へ連絡願います。
工事のときなどにもにごりが出るときがあります。

緑色の水が出る

給湯の配管には、銅管が使われている場合があります。銅管の錆び(緑青)が使い始めに流出したり、また長い間使用していると蛇口の下の水が落ちたところに緑の色がつきます。
にごりが消えるまで少し出してからお使いください。

塩素のにおいが気になる 

水道水には、殺菌のため塩素消毒用の薬品が入っています。殺菌の効果を持続させるため、一定の割合で薬品を注入しています。塩素のにおいは「安全な水」である証明です。安心してご利用ください。
どうしても気になるときは、一度沸騰させて冷ましてからお使いください。

 

漏水かな?

水道の使用量が急に増えた

水道メーター検針時の指針(水道使用量等のお知らせ)が異常に多いときは、漏水の可能性があります。メーターボックス内の水道メーターを確認して検針時のメーター指針と見比べてください。
メーターの小さなパイロットが少しでも回っていると漏水が疑われます。水道の蛇口を全て閉めて、再度メーターのパイロットの動きを確認してください。

宅地内でいつも湿っている

宅地内の一部で、いつも湿っているところがある場合、給水管の一部から漏水している可能性があります。
「水道使用量等のお知らせ」により直近の使用水量を確認し、平常時(以前)の使用水量と比較してみてください。

宅地内の漏水を調べるには

宅地内のすべての蛇口を閉めて、メーターボックス内の水道メーターを確認します。メーターの小さなパイロットが少しでも回っていると漏水が疑われます。
市の指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

漏水の発生が多い場所は

  • 一般的に多く漏水が発生する場所は、浴室の蛇口やシャワーの壁中・床下など
  • ボイラーの各種弁の故障や地下の配管など
  • 家の水まわりの地下配管の継手の部分など

これらが特に多い場所となっています。漏水と思ったらこれらの周辺をよく確認してください。

道路上がいつも濡れている

晴れて道路が乾いた状態の中、道路上の一部分が常に濡れている場合、水道の漏水が疑われます。そのような箇所を見つけたときは、市の上下水道課または市役所へご連絡ください。