市の水道事業は、平成17年10月1日に旧南那須町と旧烏山町の2町が合併したことにより、両町の上水道事業と簡易水道事業(旧烏山町)が新市に引き継がれました。   

水道事業(上水道)

合併後の平成18年4月1日、水道事業に七合簡易水道事業を譲り受け統合したことにより計画給水人口30,500人、計画一日最大給水量16,000m3の那須烏山市水道事業が誕生しました。
更に平成20年4月1日には、平野簡易水道事業を統合しました。なお、計画給水人口及び計画一日最大給水量は変わりません。

簡易水道事業

合併時には、七合、向田、興野、境、境東、平野の6簡易水道事業がありました。
平成18年4月1日に七合簡易水道が、また平成20年4月1日には平野簡易水道を廃止し、現在4簡易水道事業を運営しています。