介護保険料 

保険料の計算方法

65歳以上の方の介護保険料は、市の介護サービス費用がまかなえるように算出された「基準額(※1)」をもとに、所得によって第1~11段階の保険料に分かれます。

 

所得段階

対象者

保険料率

保険料(年額)

平成30年度~平成32年度

第1

  • 生活保護を受けている人
  • 世帯全員が市民税非課税で老齢福祉年金を受けている人
  • 世帯全員が市民税非課税で、前年の課税年金収入額+合計所得金額(※2)が80万円以下の人

基準額×0.45

28,800円

第2

  • 世帯全員が市民税非課税で、前年の課税年金収入額+合計所得金額が120万円以下の人

基準額×0.65

41,600円

 第3

  • 世帯全員が市民税非課税で、上記以外の人

基準額×0.75

48,000円

第4

  • 世帯の誰かは市民税課税だが、本人は市民税非課税で、前年の課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下の人

基準額×0.90

57,600円

第5

  • 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税の人で上記以外の人【基準額(※1)】

基準額×1.00

64,000円
第6
  • 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の人

基準額×1.20

76,800円

第7

  • 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の人

基準額×1.30

83,200円

第8

  • 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の人

基準額×1.50

96,000円

第9

  • 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上400万円未満の人

基準額×1.70

108,800円

第10

  • 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が400万円以上600万円未満の人

基準額×1.80

115,200円
第11
  • 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が600万円以上の人

基準額×1.90

121,600円

  1. 基準額とは、「那須烏山市で介護保険給付にかかる費用」×「65歳以上の人の負担分(23%)」÷「那須烏山市の65歳以上の人数」から算出された金額(年額)です。上記の表で【第5段階】の金額になります。 
  2. 合計所得金額とは、必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。 
保険料の納め方 

年金からの差し引きによる「特別徴収」と、納付書や口座振替による「普通徴収」の2通りの納め方があります。

納め方

対象者

特別徴収

(年金差し引き)

  • 年金の年額が18万円以上の人

普通徴収

(納付書、口座振替)

  • 特別徴収に該当しない人

  • 65歳到達月や転入月により、特別徴収の開始時期は異なりますので、それまでは普通徴収により納入いただくこととなります。
  • 年度途中で特別徴収が中止となった場合には、翌10月までは普通徴収により納入いただくこととなります。

 

後期高齢者医療保険料 

保険料の計算方法

保険料は、「均等割額」と「所得割額」を合計して、個人ごとに計算されます。

保険料

(上限62万円)

= 

均等割額

(一人43,200円)

所得割額

(所得割率8.54%)

  • 「均等割額」とは、被保険者全員が共通の額で一人あたり年間43,200円です。
  • 「所得割額」とは、本人の基礎控除後の総所得金額に所得割率をかけたものです。

 

低所得者軽減

所得の低い世帯は保険料の均等割額が軽減されます。

世帯の所得(世帯主及び被保険者の総所得金額等)

均等割額の軽減割合

基礎控除額(33万円)を超えない世帯で、被保険者全員が年金収入80万円以下の世帯(その他各種所得がない場合)

9割軽減

基礎控除額(33万円)を超えない世帯

8.5割軽減

基礎控除額(33万円)+27.5万円×世帯の被保険者数を超えない世帯

5割軽減

基礎控除額(33万円)+50万円×世帯の被保険者数を超えない世帯

2割軽減

  • 世帯主や被保険者が未申告の場合は、軽減対象となりません(被扶養者及び未成年者を除く)

 

旧被扶養者軽減

職場の健康保険等の被用者保険に加入されていた人は、後期高齢者医療保険の資格取得月より2年間、保険料の均等割額を5割軽減し、所得割額は課されません。(低所得者軽減の9割、8.5割、5割の軽減に該当される場合には、低所得者軽減が優先されます) 

保険料の納め方 

年金からの差し引きによる「特別徴収」と、納付書や口座振替による「普通徴収」の2通りの納め方があります。

納め方

対象者

特別徴収

(年金差し引き)

  • 年金の年額が18万円以上の人
  • 介護保険料との合計額が年金受給額の2分の1を超えない人

普通徴収

(納付書、口座振替)

  • 特別徴収に該当しない人

  • 75歳到達月や転入月により、特別徴収の開始時期は異なりますので、それまでは普通徴収により納入いただくこととなります。
  • 年度途中で特別徴収が中止となった場合には、翌10月までは普通徴収により納入いただくこととなります。
  • 特別徴収を中止し、口座振替により納入いただくこともできますので、詳しくは税務課までお問合せください。

 

口座振替

  1. 市税等の口座振替を希望される方は、市指定の金融機関へ申込みが必要です。
  2. 通帳と通帳の届出印を持参し、「那須烏山市税等口座振替依頼書(兼廃止届書)」の用紙にて申込みしてください。用紙は取扱金融機関窓口・那須烏山市税務課及び収納対策担当の窓口に用意してあります。既に、口座振替依頼をされている方は、振替日(納期限日)の前日までに口座の残高を確認してください。
  3. 振替内容の変更が生じたときや、口座振替を止めたいときは、取扱金融機関へ通帳と通帳の届出印を持参し「那須烏山市税等口座振替依頼書(兼廃止届書)」の用紙にて廃止届をしてください。一度申込まれますと、廃止届があるまで振替を継続します。