国民健康保険 届出をする場合

  転入・転出や就職など生活が変わるとき、国民健康保険では次のとおりの手続きが必要です。手続きは烏山庁舎市民課または南那須庁舎南那須分室で行えます。14日以内に忘れずに行いましょう。

どうする

 こんなとき

届出に必要なもの

 国民健康保険に
 加入する

 他の市区町村から転入したとき
 (前住所地で国保だった場合)

 ・他の市区町村の転出証明書

 ・印鑑

 ・年金証書(年金を受給している方のみ) 

 社会保険等勤務先の健康保険を
 抜けたとき

 ・社会保険等を抜けた日にちのわかる書類

 (社会保険資格喪失証明書、離職票、退職証明書など)

 ・印鑑

 ・年金証書(年金を受給している方のみ) 

 社会保険等の扶養から
 はずれたとき

 ・扶養からはずれた日にちのわかる書類

 (社会保険資格喪失証明書など)

 ・印鑑

 ・年金証書(年金を受給している方のみ) 

 子どもが生まれたとき 

 ・出生したことを証明する書類

 ・印鑑

 ・世帯主名義の通帳

 外国籍の方が加入するとき

 (住民登録されている方のみ)

 ・外国人登録証明書

 ・パスポート

 生活保護を受けなくなったとき 

 ・保護廃止(停止)決定通知書

 ・印鑑

 国民健康保険を
 抜ける

 他の市区町村に転出するとき
 (那須烏山市で国保だった場合)

 ・今まで使用した国民健康保険証

 ・印鑑

 社会保険等勤務先の健康保険に
 加入したとき

 ・今まで使用した国民健康保険証

 ・新しく加入した職場の健康保険証

 ・印鑑

 社会保険等の
 被扶養者になったとき
 被保険者が亡くなられたとき

 ・今まで使用した国民健康保険証

 ・亡くなったことがわかる書類

 ・印鑑 

 生活保護を受けるようになったとき

 ・今まで使用した国民健康保険証 

 ・保護開始決定通知書

 ・印鑑

 再発行の
 手続をする

 保険証をなくしたり、
 汚れて使えなくなったとき

 ・本人であることを証明するもの(運転免許証など)

 ・印鑑

 その他

 就学のため、子どもが他市区町村へ
 転出するとき

 ・今まで使用した国民健康保険証

 ・在学証明書(学生証は不可)

 ・印鑑

 退職者医療制度の対象になったとき 

 ・今まで使用した国民健康保険証

 ・年金証書(平成27年度より廃止)

 那須烏山市内で住所がかわったとき  

 ・今まで使用した国民健康保険証

 ・印鑑

 世帯主や氏名がかわったとき 
 世帯を分けたり、
 一緒になったりしたとき 

 

(国保加入・喪失における注意事項)

 ・保険証を持参せずに受診した場合は、全額自己負担(10割負担)となります。

 ・他の保険等に加入している期間に国保の保険証を使って受診した場合は、国保が負担した分の医療費を返還してもらう場合があります。

 ・国保をやめる手続きをしないと、保険税が課税され続けるため、保険料を二重に支払ってしまうことがあります。

 ・国保に加入する場合は、届出をした日からではなく、国保資格を得た日(例:退職した翌日等)からの加入となるため、さかのぼって国保税が課税される場合があります。