スズメバチを見つけた場合
  • 7月から11月にかけて、スズメバチの行動が活発になります。スズメバチやスズメバチの巣を見かけた場合、刺激を与えずその場から離れてください。

 

スズメバチに刺されないためには
  • 巣には絶対に近づかないで下さい。
  • スズメバチは黒っぽいものに強く反応します。野外で作業を行うときや、ハイキング等のときは、黒っぽい服装を避けましょう。
  • 刺激の強い香水や化粧品、ヘアースプレー等も避けましょう。
  • 洗濯物や布団類に紛れ込んでいることがあるので注意しましょう。

 

スズメバチに刺されたときは
  • 刺された部分を強くつまんで、毒を絞り出しながら水で洗い流してください。
  • 応急処置が済んだら、すぐに病院へ行きましょう。
  • 毒を口で吸い出す行為は、口内に傷があると傷口から体内に入るため非常に危険です。絶対にやらないで下さい。

 

スズメバチの駆除について
  • 市では、スズメバチ等の巣の撤去は行っていません。巣ができた土地及び建物等の所有者の方の責任で、巣を撤去していただきます。巣の撤去については、人身事故を防ぐためにも専門業者への依頼をお願いします。
  • スズメバチを含むその他害虫の撤去に関する相談については、栃木県ペストコントロール協会内の衛生害虫防除等相談室(028-625-0606)又は、那須南森林組合(0287-92-2007)へお問合せください。

栃木県ペストコントロール協会