水質汚濁防止法とは
  • 水質汚濁防止法とは、工場及び事業場から公共水域に排出される水の排出及び地下に浸透する水の浸透を規制するとともに、生活排水対策の実施を推進すること等によって、公共用水域及び地下水の水質汚濁の防止を図り、もって国民の健康を保護するとともに、生活環境を保全することを目的とするものです。

 

特定施設の設置等を行う場合
  • 水質汚濁防止法および栃木県生活環境の保全等に関する条例に基づく特定施設の設置等を行う場合には、那須烏山市環境課を経由して栃木県県北環境森林事務所へ届出が必要となります。
  • 「設置等」とは、「設置」、「使用」、「変更(氏名等の変更を含む)」、「使用廃止」、「継承」を言います。

 

届出について
  • 特定施設の設置等に係る届出書の様式については、栃木県ホームページの「栃木県電子申請システム」からダウンロードすることができます。   栃木県電子申請システム
  • 届出は市環境課へ、正本1部、写し2部、計3部提出してください。