平成28年1月から、窓口での各種手続きに個人番号の記載が必要になりました。来庁の際には、下記のどちらかを持参してください。

  • 「個人番号通知カード」と運転免許証等の本人確認書類
  • 「個人番号カード(本人写真付き)」
     
個人番号の記載が必要になる主な手続き

○税務課管理収税グループ(電話:0287-83-1114)

 納税証明書の申請(継続検査用の軽自動車税納税証明書を除く)

○税務課資産税グループ(電話:0287-83-1114)

 納税管理人申請・承認申請、各種減額適用申告、相続人代表(変更)届、償却資産申告

○市民課国保医療グループ(電話:0287-88-7111)

  1. 国民健康保険への加入・脱退等の資格異動届、給付関係支給申請(高額療養費・出産育児一時金・葬祭費等)、保険証等の再交付、限度額認定証等の交付申請
  2. 後期高齢者医療への加入・脱退等の資格異動届、給付関係支給申請(高額療養費・葬祭費等)、保険証等の再交付、限度額認定証等の交付申請

○健康福祉課社会福祉グループ(電話:0287-88-7115)

  1. 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療(精神通院・更生医療)・障害福祉サービス等に係る各種申請書等
  2. 特別児童扶養手当・障害児福祉手当・特別障害者手当認定請求等

○健康福祉課介護保険グループ(電話:0287-88-7115)

 介護保険サービス等に係る各種申請等

○こども課保育グループ(電話:0287-88-7116)

 教育・保育給付の支給認定の申請・現況の届出・内容の変更の届出および支給認定証の再交付等

○こども課こそだて支援グループ(電話:0287-88-7116)

 児童手当認定請求等、児童扶養手当認定請求等、育成医療支給認定申請、養育医療給付申請、妊娠届(母子手帳の交付)、低体重届出 

  

  • 詳細につきましては、上記の各担当窓口へ問い合わせてください。
  • マイナンバーに関する概要・コールセンターはこちら