木造住宅耐震化の補助制度を創設します

近年、地震発生の可能性が低い地域においても大地震で多くの被害が発生しており、いつどこで
発生してもおかしくない状況にあります。
そこで那須烏山市では、災害に対する市民の防災意識の向上を図るとともに、地震に強い安全・
安心なまちづくりを推進して建築物倒壊等の被害から皆様の生命、生活の安全を確保するため、
平成20年10月1日よりご自宅が旧耐震基準(昭和56年5月以前)により建築された木造住宅に
対して耐震化をおこなった場合に費用の一部を補助いたします。

補助対象となる住宅 (次のすべてに該当する住宅)

  • 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
  • 木造2階建て以下の一戸建て住宅(住宅部分の床面積が2分の1以上の併用住宅含む。)
  • 在来軸組工法により建築された住宅
  • 賃貸を目的としない住宅

補助対象者 (次のすべてに該当する方)

  • 補助対象住宅を所有する方であって当該住宅に居住する方
  • 本人及びその世帯に属する方に税の滞納がない方等

補助制度

  1. 耐震アドバイザー派遣事業   
    建築物の耐震診断、耐震改修の促進を図る目的で、市民の方が相談できるよう耐震アドバイザーを
    ご自宅に派遣いたします。
  2. 木造住宅耐震診断事業 
    建物が地震に対して安全かどうかの耐震診断を市指定耐震診断機関が行う場合、耐震診断に要した
    経費の3分の2以内の額(上限10万円)を補助いたします。
  3. 木造住宅耐震改修事業 
    耐震診断事業を実施した結果、耐震改修の必要があると判断された方が、耐震改修を行う場合、
    要した経費の2分の1以内(上限80万円)を補助いたします。
  4. 木造住宅耐震建替え事業                                                              耐震診断事業を実施した結果、耐震建替えの必要があると判断された方が、耐震建替えを行う場合、               要した経費の2分の1以内(上限80万円)を補助いたします。

補助制度の活用の際は、申請等の手続きが必要となりますのでご相談ください。