住宅リフォーム工事費の一部を助成します(令和2年度まで) 

  那須烏山市では、住宅の安全性・耐久性及び居住環境の向上を図るとともに、市内の住宅関連産業を中心とする地域経済の活性化を図るため、市に登録した市内施工業者により住宅のリフォーム工事を行う場合に、工事費の一部を助成金として交付します。

 この機会に本制度をご利用いただき、住環境の向上にご活用ください。

  

助成対象者と対象住宅

  住宅リフォーム助成金は、①市民の居住する住宅のリフォーム工事 ②空き家バンク住宅を取得後のリフォーム工事 ③50歳以上の転入者が住宅を取得した後のリフォーム工事を助成するものです。

 なお、申請書はリフォーム工事を行う前に提出してください。

 

①市民の居住するリフォーム工事の場合

助成対象者

助成対象住宅

(1)1年以上継続して助成対象住宅に居住しリフォーム工事を行う市民

(2)リフォーム工事を行う市民とその世帯員に市税等の滞納がないこと

 

(1)市内に存する、市民の居住する住宅であること

(2)貸付け住宅でないこと

(3)建築後5年を経過している住宅であること

(4)過去5年以内に市の住宅リフォーム助成金又は市の災害復旧支援金の対象となった住宅でないこと

 

②空き家バンク住宅取得後のリフォーム工事の場合

助成対象者

助成対象住宅

(1)空き家バンク住宅を取得して、定住のためにリフォーム工事を行う市民

(2)リフォーム工事を行う市民とその世帯員に市税等の滞納がないこと

(1)市の空き家等情報バンク制度に登録された住宅であること

 

③50歳以上の転入者が住宅を取得した後のリフォーム工事の場合 

助成対象者 助成対象住宅

(1)50歳以上の転入者が住宅を取得して、定住のためにリフォーム工事を行う方

(2)リフォーム工事を行う市民とその世帯員に市税等の滞納がないこと

(1)市内に存する住宅で、市民の居住する住宅であること       

(2)貸付住宅ではないこと

(3)建築後5年を経過している住宅であること

 

 

 助成対象となるリフォーム工事

 助成対象となるリフォーム工事は、以下の全てを満たす工事となります。

①市に登録した市内施工業者が行うリフォーム工事であること(小規模工事等契約希望者登録の受付について) 

②助成対象工事が30万円以上(消費税等含む)であること

③令和3年3月末日までに完了する工事であること

 

助成金額

 30万円以上(消費税等含む)の助成対象工事の10%(上限10万円)を助成金として交付します(1,000円未満の端数は切り捨てた額となります)。

 

手続きの流れ

 

①交付申請

 住宅リフォーム助成金の交付を受けるには、リフォーム工事に着工する前に、交付申請書に以下の書類を添えて申請してください。予算の状況により、年度途中で申請の受付を締め切る場合があります。

 1.住民票の謄本(続柄あり)

 2.助成対象住宅の位置図、平面図

 3.リフォーム工事の見積書の写

 4.施工前の写真

 5.助成対象住宅の所有状況が確認できる書類(課税明細書等)

 6.助成対象住宅の所有者の承諾書

   (助成対象者が所有者と同一世帯(同居)等の場合は添付不要)

 7.市税等納付状況確認承諾書

 8.その他市長が必要と認める書類

 

②実績報告

 リフォーム工事が完了したら、以下の書類を添付して申請してください。

 1.実績報告書

 2.リフォーム工事の請求書及び領収書

 3.施工後の写真

 4.その他市長が特に必要と認めるもの

 

③交付請求

 市より助成金の額の確定を受けたときは、速やかに交付請求書により交付請求をしてください。

 1.交付請求書

 

施行規程 

 住宅リフォーム助成金交付規程.pdf [215KB pdfファイル] 

申請書類

交付申請書 .pdf [100KB pdfファイル] 

市税等納付状況確認承諾書 .pdf [109KB pdfファイル] 

助成対象住宅の所有者の承諾書 .pdf [67KB pdfファイル] 

変更交付申請書 .pdf [83KB pdfファイル]  (金額等に変更がある場合)

実績報告書 .pdf [91KB pdfファイル] 

交付請求書 .pdf [83KB pdfファイル]