保健事業実施計画(データヘルス計画)とは

 医療保険者がレセプトや特定健診等のデータを分析し、それに基づいて保健事業を効率的かつ効果的に行うための事業計画です。

特定健康診査等実施計画とは

 生活習慣病の予防、早期発見及び早期治療を要する人を掘り起こすことを目的とした特定健康診査とそれらに該当した人の生活習慣等の改善を目的にした特定保健指導の具体的な方法を定めた実施計画です。

 
那須烏山市データヘルス計画及び特定健康診査等実施計画 

 那須烏山市では、医療費の伸びを抑え、高血圧やメタボリックシンドロームの予備軍・該当者を減らしていくこと等の目的を達成するため、保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定して保健事業を実施してきました。

 この度、「第1期データヘルス計画」及び「第2期特定健康診査等実施計画」の計画期間が満了となったことから、新たに平成30年度から平成35年度(2023年度)までの6年間を計画期間とする「那須烏山市国民健康保険第2期データヘルス計画、第3期特定健康診査等実施計画」を策定しました。

 
データヘルス計画と特定健康診査等実施計画の関係性 

 データヘルス計画は、保健事業の全体計画であり、特定健康診査等実施計画は、保健事業の中核となる特定健康診査及び特定保健指導の具体的な実施方法を定める計画です。策定に当たり、両計画は相互に連携して策定することが望ましいとされているため、計画期間を同一とし、一体的に策定しました。

 

那須烏山市第2期データヘルス計画、第3期特定健康診査等実施計画.pdf [5196KB pdfファイル]