場所 : 那須烏山市森田
 

鎌倉幕府が開かれたころ、那須光隆が築いた山城で、崖を利用した自然の要害があり、難攻不落の竜崖城といわれました。頂上には、今でも空堀や土塁の跡が見てとれます。晴れた日には、那須連山が遠望できる景勝地でもあります。