場所 : 那須烏山市城山 

散策途中に現れる案内板

散策道の傍らに残る石垣

烏山城は、町の中心より北西に位置する八高山(206m)に築かれた山城で、山の形が牛の寝ている姿に似ていることから、別名臥牛城-がぎゅうじょう-とも呼ばれています。古記録、系譜等によりますと、沢村五郎資重-さわむらごろうすけしげ-(下那須氏)が兄の那須資之-なすすけゆき-(上那須氏)と不仲となり、本拠の城を追われ稲積城に移り、応永-おうえい-25年(1418)に現在の地に城を築き新たな拠点としたのが始まりとされています。
 

以後、下那須氏の本拠となり、永正-えいしょう-13年(1516)の上下那須氏の統一から天正-てんしょう-18年(1590)那須氏の改易まで那須宗家の居城となりました。その後、織田・成田・松下・堀・板倉・那須・永井・幕府代官・稲垣氏と短期間のうちに城主が交替しましたが、享保-きょうほう-10年(1725)大久保常春-おおくぼつねはる-入封の後は、大久保氏が8代140余年にわたり城主となり、明治-めいじ-2年(1869)の版籍奉還-はんせきほうかん-とともに廃城となりました。
 

城域は、東西約370m、南北約510m、面積約88haに及ぶ広大なもので、五城三郭とよばれる主要部分からなり、防御施設として空堀・竪堀・堀切り・土塁等が設けられ、本丸周辺には石垣も築かれています。また、万治-まんじ-2年(1658)時の城主堀親昌-ほりちかまさ-により城の東山麓に新たな居館(三の丸)が築かれ、以後、城主の居住地はそちらに移ることとなりました。
 

現在、城跡は杉林に覆われていますが、空堀・土塁・石垣などの各遺構が良好な状態で現存し、また、八雲神社北側から毘沙門山・城山に至る遊歩道が整備されていますので、城跡を見学しながら周辺を散策することもできます。(約1時間程度)

交通:JR烏山線烏山駅下車…徒歩15分(車5分) ※城跡の麓まで