「関東ふれあいのみち」は、関東地方一都六県をぐるりと一周する長距離自然歩道で、総延長1,799kmの歩道です。栃木県内には、日光市の庚申山から福島県白河市旗宿(白河の関跡)までの延長約393km、魅力の異なる32コースが設定されています。この中で、那須烏山市に関するコースを紹介します。

コース一覧
番号 コース名 距離㎞ タイプ

コースマップ

コース解説

26

①そばとみかんの里を歩くみち

②棚田めぐりのみち

①5.8

②9.4

一般向  26マップ [1129KB pdfファイル]   26解説 [824KB pdfファイル] 
27 石段とツツジ咲く峠のみち 12.2 健脚向  27マップ [3891KB pdfファイル]   27解説 [835KB pdfファイル] 
28 山あげ祭の里をめぐるみち 9.0 一般向  28マップ [1040KB pdfファイル]   28解説 [827KB pdfファイル] 
29 那珂川の堤を歩くみち 10.7 一般向  29マップ [4132KB pdfファイル]   29解説 [690KB pdfファイル] 

 関東ふれあいのみちについて詳しくはこちらへ