総務省統計局では、住宅及び住宅以外で人が居住する建物に関する実態並びに現住居以外の住宅及び土地の保有状況、その他住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることにより、住生活関連施策の基礎資料を得ることを目的として10月1日現在で住宅・土地統計調査を実施します。

 この調査を実施するにあたり、調査区域を明確にするとともに、調査を円滑に進めるため、2月1日(木)を基準日として調査区域の設定をします。1月下旬より調査担当者が調査区域を巡回しますので、ご理解ご協力いただけますようお願いします。