給水装置はあなたの財産

水道本管から分かれて、家庭の蛇口まで引き込まれた給水管や給湯設備等は、あなたの財産です。漏水や器具に故障がないか等、維持管理をお願いします。

古くなった水道管は取り替えましょう

家庭に引き込まれた給水管は、永久には使用できません。老朽化はサビや漏水の原因となりますので、新しい管に取り替えましょう。

引越の際は、届出をしましょう

転入・転出・転居する時は、「水道・下水道等使用異動届」を水道を止める日の2~3日前までに下記あて提出してください。

※貸家・アパートは、大家さんまたは管理会社の署名押印が必要です。

悪質な商法にご用心

水道事業者に成りすまして、給水管洗浄・給水器具点検等と称し高額な代金を請求する悪質商法が増えていますのでご注意ください。

クロスコネクション(誤接合)は絶対ダメ

水道管と自家水(井戸水等)との接続は水道水の汚染の原因となりますので禁止されています。

水道料金の現金支払は、納期限内に必ず納付書持参で

現金支払いの際は納付書を持参し、市役所、各金融機関(ゆうちょ銀行を含む。)窓口、またはコンビニで納入できます。

地下漏水による水道料金の減免

地下漏水を市指定工事業者で修理した場合、申請により水道料金が減額されます。市指定工事業者の修理証明を添付し、「水道事業納付金減免申請書」を下記あて提出してください。

※漏水量の10分の7が減免されます。(1年に1回限り。)