今年の出水期より、気象庁や市が発令する防災・気象に関する情報に警戒レベルが導入されています。大雨等の場合には、テレビ、ラジオ、メール等で、現在の状況がどの警戒レベルに該当するか確認し、行動するようお願いします。

警戒レベルごとの市民がとるべき行動と避難情報等

警戒

レベル

市民がとるべき行動

避難情報等

その他

(警戒レベル相当情報)

災害への心構えを高める。

(気象庁が発令)

 

警報級の

可能性

  

 

 

 

避難に備え自らの避難行動を確認する。

(気象庁が発令)

 

注意報

 

・氾濫注意情報、

・洪水警報の危険度分布(注意)

・土砂災害に関するメッシュ情報(注意)

 

高齢者等の避難に時間のかかる人は避難を開始する。その他の人は避難の準備をし、自発的に避難する。

(市が発令)

 

避難準備、高齢者等避難開始

 

・氾濫警戒情報

・洪水警報

・洪水警報の危険度分布(警戒)

・大雨警報(土砂災害)

・土砂災害に関するメッシュ情報(警戒)

 

指定緊急避難場所等への避難を基本とする避難行動をとる。災害が発生するおそれが極めて高い状況等となっており、緊急に避難する。

(市が発令)

 

避難勧告、避難指示(緊急)

 

・氾濫危険情報

・洪水警報の危険度分布(非常に危険)

・土砂災害警戒情報

・土砂災害に関するメッシュ情報(非常に危険)

・土砂災害に関するメッシュ情報(極めて危険)

 

既に災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をとる。

(市が発令)

 

災害発生情報

 

・氾濫発生情報

・大雨特別警報(浸水害)

・大雨特別警報(土砂災害)