選挙人の状況により、要件に該当する場合は不在者投票ができますが、証明書の交付が必要になるなど、手続きに時間がかかる場合もありますので、早めにお問い合せください。

那須烏山市外に滞在する人の不在者投票

選挙期間(投票日当日および期日前投票期間)中、出張等で那須烏山市以外の市区町村に滞在している人で、期日前投票所または投票日当日に投票所に来て投票することが困難な人は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

利用される場合には、那須烏山市選挙管理委員会宛てに直接または郵送での不在者投票用紙等の請求が必要になりますので、早めに下記へお問い合わせください。なお、使者(家族)による請求も可能です。

 

指定病院等における不在者投票

選挙期間中、指定病院等に入院等をしている場合は、指定病院等で不在者投票ができます。入院等をしている施設の事務担当者に、早めに相談してください。

 

郵便等による不在者投票

郵便等による不在者投票には、市選挙管理委員会の交付する郵便等投票証明書が必要です。証明書の交付を希望する人、また、証明書の有効期限が終了している人は、速やかに申請手続きをしてください。

郵便による不在者投票ができる人の要件

身体障害者手帳

障がい等の種別(程度)

・両下肢、体幹、移動機能の障がい(1級、2級)

・心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がい(1級、3級)

・免疫、肝臓の障がい(1級~3級)

戦傷病者手帳

障がい等の種別(程度)

・両下肢、体幹の障がい(特別項症~第2項症)

・心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がい(特別項症~第3項症)

介護保険被保険者証

障がい等の種別(程度)

・要介護状態区分(要介護5)

 

※上記の要件に該当する人で、自ら投票の記載ができない人が一定の要件に該当する場合は、代理による投票用紙記載が認められる場合があります。なお、手続きが必要となりますので、下記あてお問い合わせください。

 

投票用紙等請求書の受理期限

7月17日(水)