国民健康保険の加入者で下記対象の疾病に該当し、特定疾病の認定を受けると、その治療に係る1か月の自己負担限度額が1万円もしくは2万円となります。現在認定を受けている人の国民健康保険特定疾病療養受療証の有効期限は、令和元年(平成31年)7月31日までとなっていますので、8月1日から使用する受療証を7月下旬に郵送します。また、新たに認定を希望する人は、随時申請できますので、下記あてお問い合わせください。

対象

人工透析を必要とする慢性腎不全、血友病

血液凝固因子製剤の投与によるHIV感染症