ハザードマップで自宅の近くにある「浸水想定区域・土砂災害特別警戒区域・土砂災害警戒区域」を再確認しましょう。

大切な家庭を守るため、日頃から気象情報に注意し、避難場所を確認する等、災害に備えましょう。

※ハザードマップは、市ホームページでも確認することができます。