国土交通省では、毎年10月を「土地月間」、10月1日を「土地の日」として定め、土地に関する基本理念の普及・啓発活動を地方公共団体、関係機関と共に展開しています。

適正な土地取引、土地利用を図り、豊かで安心できる住みよい社会づくりを推進しましょう。

また、大規模な土地取引については、国土利用計画法に基づき、その利用目的などについて以下のとおり届出が必要です。

届出の必要な面積

・都市計画区域内 5,000㎡以上

・都市計画区域外 10,000㎡以上

※個々の面積は小さいが、取得する土地の合計が上記の面積以上となる場合(一団の土地)には個々の契約ごとに届け出が必要です。

届出の必要な取引

売買、交換、共有持分の譲渡、営業譲渡、譲渡担保、権利金の一時金を伴う地上権、賃借権の設定、譲渡等

届出者

権利取得者(土地売買の場合は買主)

届出期限

契約日から2週間以内(契約日を含む。)

届出書類

土地売買等届出書1部

※土地売買等届出書は、市ホームページからもダウンロードできます。

問合

総合政策課秘書政策グループ ☎0287-83-1112