児童虐待に関する相談対応件数は依然として増加傾向にあり、特に子どもの生命が奪われるなどの重大な事件が後を絶たず、児童虐待は社会全体で解決すべき重要な問題となっています。

保護者が「しつけ」と考えていたとしても、暴言や暴力等で児童の心身を傷つけ、健全な成長を妨げるものであれば、それは「虐待」です。子育てで不安や心配な事がありましたら、ひとりで悩まずに関係機関(こども課、学校、幼保育園、児童相談所等)にご相談ください。 

虐待とは

身体的虐待:殴る、蹴る、投げ落とす、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する、戸外に締め出す等

・心理的虐待:暴言、無視、きょうだい間での差別的な扱い、子どもの目の前での夫婦げんか等

・ネグレクト:食事を与えない、ひどく不潔にする、家や車内に閉じ込める、重い病気になっても病院に連れて行かない等 

・性的虐待:子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触るまたは触らせる、ポルノグラフィーの被写体にする等

連絡先

児童相談所全国共通3桁ダイヤル「☎189」

※お住まいの地域の児童相談所につながります。

問合

こども課こそだて支援グループ

☎0287-88-7116