児童手当・特例給付は中学校卒業までの児童を養育している人に支給されます。受給には、認定請求書の届出が必要です。(公務員の受給者は、職場先にお問い合わせください。)

また、現在受給中の人で、児童や受給者の状況に変更がある場合にも、届出が必要となります。

いずれも事由が生じた日の翌日から15日以内の手続きが必要で、手続きが遅れると手当が支給されない期間が発生する場合があります。

支給額(児童1人あたりの月額)

  • 3歳未満:一律15,000円
  • 3歳~小学6年生:10,000円(第3子以降は15,000円)
  • 中学生:一律10,000円
  • 所得制限限度額以上:特例給付として、一律5,000円

支給時期

毎年6、10、2月の15日に、それぞれ前月分までの手当を支給します。(休日等の場合は直前の平日)

届出 

帯等の状況が変わった場合(出生、転居、転出、児童を養育しなくなった、配偶者の有無が変わった等)、公務員になった、または公務員でなくなった場合、受給者や児童の氏が変わった場合、振込先の口座を変更する場合

現況届

毎年6月に、受給者全員から「現況届」を提出していただきます。5月末に、市から案内を送付します。

その他

子育てワンストップサービスでは、マイナンバーカードを使って現況届等の手続きをオンライン申請できます。

※児童手当を地域の児童支援のため寄付していただける人は、下記あてご相談ください。

問合

こども課こそだて支援グループ ☎0287-88-7116