通知カードの廃止

通知カードは、平成27年10月以降、住民票を有する人に対し、簡易書留で郵送されていましたが、法律の改正により5月25日に廃止されました。これにより通知カードの再交付申請および通知カードの住所、氏名等記載事項変更の手続きをすることができません。既に通知カードを持っている人は、通知カードに記載された氏名や住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続きマイナンバーを証明する書類として通知カードを使用できます。

個人番号通知書の取り扱い

5月25日以降、出生等により住民票に登録され、新たにマイナンバーが付番された場合は、個人番号通知書が送付されます。

  • 個人番号通知書はマイナンバーの証明書類として使用できません。
  • 既にマイナンバーが付番されている場合は、個人番号通知書は送付されません。
  • 個人番号通知書を受け取った後、氏名や住所等に変更が生じても、個人番号通知書の記載の変更はできません。
  • 個人番号通知書は、紛失等した場合でも再交付はできません。

問合

市民課市民窓口グループ ☎0287-83-1116