毎年、11月12日から11月25日までの2週間は、「女性に対する暴力をなくす運動(パープルリボン)」の推進期間です。

DVは、身体的なケガだけではなく、うつ病等の様々な病気になるおそれがあり、生活に支障をきたすことも少なくありません。

悩んでいたら一人で抱え込まず、ためらわずに相談しましょう。

運動の目的

  • 女性に対する暴力の問題に関する取り組みを一層強化します。
  • 女性の人権の尊重のための意識啓発や教育の充実を図ります。

さまざまな形のDV(暴力)

  • 身体的暴行:殴る・蹴る・物を投げる・突き飛ばす等
  • 心理的攻撃:人格を否定する暴言、交友関係や行き先・電話・メール等を監視する、長期間の無視・恐怖を与える脅迫等
  • 経済的圧迫:生活費を渡さない、貯金を勝手に使う等
  • 性的強要:性的な行為の強要、ポルノ映像を無理に見せる、避妊に協力しない等

相談機関等

  • DV相談ナビ ☎#8008
  • 警察相談専用窓口 ☎#9110
  • 女性の人権ホットライン ☎0570-070-810
  • とちぎ男女共同参画センター DV相談専用電話 ☎028-665-8720

市図書館にパープルリボン運動啓発コーナーを設置します

パープルリボンは、身近に飾ることで女性に対する暴力根絶のメッセージが込められています。

設置期間は、11月12日木曜日から25日水曜日です。

問合

こども課こそだて支援グループ ☎0287-88-7116