かつて海であった時代の地層が色濃く残る本市を会場に、「北関東の大地と化石」をテーマとしたシンポジウムが開催されます。

日時

①6月2日(土)午後1時~5時

②6月3日(日)午前10時~午後3時

場所

烏山公民館

内容

①シンポジウム(有識者等による講演)

 ・「日本列島の形成史における北関東地域の重要性」

 ・「北関東の海を泳いだイルカとクジラたち」

 ・「地域の資源『ジオ・エコ・ヒト』に着目した学校教育現場での取り組み」

 ・「北関東の生い立ちを学べる那須烏山地域の魅力

  ~ジオパーク実現に向けての課題と展望~」等

②一般講演(口頭発表、ポスター発表)

  ・「那須烏山地域における小中学校地域学習のジオガイドによる学習支援」

  ・「中学校が出発点の那須烏山ジオパーク構想」

  ・「那須烏山地域のジオサイトの見どころ」等

講師

有識者那須烏山ジオパーク構想推進協議会委員

対象

どなたでも

費用

無料

申込

不要

※詳細は、下記あて問い合わせまたは、化石研究会ホームページ(http://kasekiken.jp/)をご覧ください。

問合

群馬県立自然史博物館(事務局:髙桒) ☎0274-60-1200