議長 久保居光一郎

  

 この度、令和2年第4回6月定例会において議員各位のご推挙により議長に就任させていただきました。身に余る光栄であり感謝を申し上げますとともに、その責務の重さに身の引き締まる思いであります。

 那須烏山市となって間もなく15年が経過しますが、本市の現状を鑑みると昨年の10月に襲来した令和元年東日本台風により本市は甚大な被害に見舞われました。その復旧・復興の最中に、追い打ちをかけるように新型コロナウイルスの感染が世界中を席巻し、人々は平安な日常の生活から非日常の生活を余儀なくされる事態となっています。本市においても市民の方々の安心・安全をどのように守るのか、各産業に波及する経済的ダメージからの回復を如何にして図るかなどと、併せて新庁舎整備を始めとする公共施設の再編整備や少子高齢化問題等の重要課題が山積しています。一刻も早く新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、今こそ執行部と議会が有する知見・識見を集めて、本市の将来の展望を拓くための衆議を重ねなければなりません。

 そのような見地から、公平・公正な議会運営を図り、更なる開かれた議会・行動する議会を目指したいと考えています。決意の一端を申し上げ就任のご挨拶といたします。

                 

          令和2年6月                                                                       

                                                                                               第10代議長 久保居 光一郎