次のとおり契約書(約款)を一部改正しましたので、お知らせします。

【共通項目】

 天皇陛下の退位に伴い新たな元号に改められることに備えて、契約期間を定める文書に誤り等が発生しないよう平成30年4月1日以降に作成する契約書から元号と西暦、両方を記すことといたします。

 変更後は「平成30(2018)年4月1日」と元号のあとに、かっこ書きで西暦を記すこととなります。 

 
建設工事請負契約書
  1. (第3条)発注者から請負代金内訳書の請求があった際の提出期限について明記しました。
  2. (第4条)工事の着手時期について、ただし書きを明記しました。
  3. (第8条の2)下請負人の健康保険等加入義務について明記しました。
  4. (第37条)前払い金の使用等について、ただし書きを明記しました。
  5. (第48条の3)契約が解除された場合等の違約金について明記しました。
業務委託契約書
  1. 正建築法の施行に伴い、建築士法の規定により記載すべき事項を追加しました。 

    (建築設計業務委託及び工事監理業務委託の契約書に適用