台風19号の被害に伴い、被災地域に使用の本拠の位置を有する自動車の自動車検証等の有効期間が伸長されているところですが、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の一部の地域(以下「対象地域」という。)の自動車については、まだ、継続検査の受検が困難であるため、自動車検査証の有効期間の再延長及び保安基準適合証等の有効期間を再延長するとともに、対象地域が追加されました。

自動車検査証

対象地域に使用の本拠の位置を有する車両のうち、自動車検査証の有効期間の満了する日が10月15日から11月14日までのものを11月15日まで延長し、継続検査を受検するまでに保険契約期間の終期が到来する自動車損害賠償責任保険(共済)については、継続契約の締結手続きが11月15日を限度として猶予されます。詳細は、契約先の自動車損害賠償責任保険(共済)代理店等にご相談ください。

保安基準適合証及び保安基準適合標章

対象地域に事業場を置く道路運送車両法第94条の3第1項に規定する指定自動車整備事業者が当該事業場において交付した保安基準適合証及び保安基準適合標章の有効期間の満了する日が10月15日から10月26日までのものが11月15日まで延長されます。

限定自動車検査証

対象地域に使用の本拠の位置を有する車両のうち、限定自動車検査証の有効期間の満了する日が10月15日から10月25日までのものが11月15日まで延長されます。

詳細は、栃木県運輸局ホームページをご覧ください。