在宅勤務等の実施による出勤者削減の取組について

この度の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を受け、職員の感染拡大の防止・不測の事態における行政機能の維持を目的として、下記のとおり在宅勤務の実施、週休日の振替、年次有給休暇の取得により出勤者の削減に取り組むこととしました。

市として必要な業務は継続することを基本とした上で、可能な範囲で出勤者の削減に取り組むこととしたものです。

市民の皆様には、業務、窓口体制の縮小等の影響により、ご不便をお掛けすることがあろうかと思いますが、しばらくの間、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

在宅勤務の実施 

職場単位でそれぞれの業務の実情に応じて、職員の出勤を1/2を上限に縮小し、職場に出勤しない職員は、在宅勤務を行います。

出勤する職員の業務

出勤する職員は、通常業務及び市民生活の維持に関する業務並びに新型コロナウイルス対策に係る業務に従事します。

在宅勤務で行う業務

出勤しない職員は、各種資料作成、データ入力など在宅でも実施可能な業務に従事します。

なお、職場からの問合せ、業務の引継ぎについても対応します。

週休日の振替

在宅勤務を積極的に推奨しつつ、平日の出勤者をさらに減らすため、平日を週休日とする代わりに土日に出勤する取組も併せて行います。

取組期間

令和2年5月6日(水)まで

※今後の感染状況に応じて見直します。

対象者 

全職員