• 開催日 9月1日に最も近い日曜日
  • 場所 那須烏山市三箇

塙の天祭天祭の起源は口碑伝承のため明らかではありませんが、鳥海上人(出羽国)が高野山で修行を修め郷里に帰山途中病に倒れ、当地三箇に松原寺を開山しました。鳥海上人は享保年間に出羽三山を勧請し、この天祭行事と念仏踊りを伝えたのがはじまりとされています。
毎年二百十日を中日として二夜三日にわたる風雨順時、五穀豊饒を祈る祭りは、日天・月天を中心とした諸処の神仏を勧請し、松原寺境内において厳かに執り行われます。
前日、大世話人の指揮により天棚組み立て。当日朝、行人が水垢離(みずごり)をとり、神官・僧・行人が天棚に登楼して祀りで始まります。祭りのクライマックスは、夜、天棚前の舞台で行われる「天祭踊り」。はちまき浴衣にタスキの若者が綾竹踊りや扇子踊りをダイナミックに披露します。現在は、地元の小・中学生が踊りを伝承しています。天祭踊りが終わると、神官・僧侶等による神事があり、天棚が壊され祭りが終わります。