無期転換ルールとは

労働契約法の改正により、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えた時に、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約が対象になるので、平成30年4月から無期労働契約への申込権が本格的に発生します。

 

対象となる労働者

原則として、契約期間に定めがある「有期労働契約」が同一の会社で通算5年を超える全ての方が対象です。

契約社員やパートタイマー、アルバイト、派遣社員などの名称は問いません。

 

企業の皆さんへ(特に有期契約労働者を雇用している場合はご注意ください)

・無期転換ルールへ対応する準備はお済ですか?

・無期転換ルールへの対応は、中長期的な人事管理も踏まえ、無期転換後の役割や労働条件などを検討し、社内規定を整備するなど、一定の時間を要します。

・まだ準備が進んでない場合は早急に取りかかりましょう。

有期労働契約で働く皆さんへ

・平成30年4月以降、有期労働契約で働く多くの方に、無期転換申込権の発生が見込まれます。

・期間の定めのない労働契約に転換することで、雇用が安定し、安心して働き続けることに繋がります。

・まずはこのようなルール、権利について知り、自身のキャリア形成の選択肢の一つとしてご検討ください。

 

詳しくは、有期契約労働者の無期転換ポータルサイト(外部リンク)をご覧ください。

 

問い合せ先

栃木労働局 雇用環境・均等室 ☎028-633-2795