ごみステーションから収集された「燃やすごみ」を、南那須地区広域保健衛生センターごみ処理場で処理中に、「燃やすごみ」の中に混入していたカセット式ガス缶(カセットコンロ用ガスボンベ)が、燃やす前の粉砕処理機械設備の中で爆発(破裂)し、この事故により焼却施設が1日停止となりました。

また、「燃やさないごみ」の収集中にも、スプレー缶・カセット式ガス缶等の残量ガスが原因で発火したと思われる、ごみ収集車での火災も発生しています。

・スプレー缶等を出す際は、分別のルールや出し方を守り、正しく出してください。

・スプレー缶・カセットコンロ用ガス缶等は、必ず大きめの穴をあけてから出してください。(一部穴をあけなくてもよい表示の商品もありますが、ごみで出す際は、必ず大きめの穴をあけて出してください。)

・ライターは、残量ガスを抜いてから出してください。

・「燃やさないごみ」に、リサイクルできるビン・缶等が混入していますので、ビン・缶等は分別し、それぞれの資源物収集日に出してください。

※詳細は、平成29年度家庭ごみ収集カレンダーでご確認ください。