テーマ「くらしを支える税」

「税を考える週間」とは

国税庁では、国民の皆様に租税の意義や役割、税務行政に対する知識と理解を深めていただくため、毎年  11月11日から17日を「税を考える週間」とし、集中的に広報広聴施策を実施しています。

国税庁の広報活動等

国税庁では、ホームページにより、動画等で税務署の仕事や国税庁の取り組み紹介をするほか、ツイッターによる新着情報等の発信、講演会や説明会、各種イベント等を全国各地で実施します。

国税庁の取組

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の一層の普及・定着、利活用促進に向けて、関係団体等と連携・協調を図りながら周知広報を実施します。また、「eーTax」では、令和2年1月から個人納税者向けのスマートフォン等専用画面の利用可能対象範囲が拡大し、より便利になります。詳細は、国税庁ホームページをご覧ください。

消費税の軽減税率制度に関する取組

国税庁においては、消費税の軽減税率制度に対応するために、関係民間団体等とも連携・協調を図りながら、効果的な周知・広報に取り組んでいます。詳細は、国税庁の特設サイトをご覧ください。

問合

氏家税務署総務課 ☎028-682-3311