令和元年東日本台風(台風第19号)による災害で、河川沿いの水路に大量のWCS(ホールクロップサイレージ)が流れ込み、現在も放置されたままの場所があります。

撤去するには高額な費用がかかるため、水稲の営農再開に向けて大きな問題となっています。

これから台風シーズンを迎えるにあたり、河川沿いでのWCSの保管については、浸水の恐れのある農地等は避けて、高台等での保管をお願いします。

問合

農政課農林整備グループ ☎0287-88-7117