平成31年4月24日に、議員立法により「旧優生保護法一時金支給法」が成立し、公布・施行されました。県では、これ基づき、優生手術等を受けた人に一時金を支給します。

対象

次のいずれかに該当する人で、かつ、現在生存している人

  • 昭和23年9月11日から平成8年9月25日までに、旧優生保護法に基づき優生手術を受けた人(母体保護のみを理由として手術を受けた人は除きます)
  • 上記の他、同じ時期に生殖を不能にする手術または放射線の照射を受けた人(母体保護や疾病の治療を目的とする等、優生思想に基づくものでないことが明らかな手術等を受けた人を除きます)

※対象とならない場合もありますので、詳細は、下記あてお問い合わせください。

請求期限

平成31年4月24日(法律の施行日)から5年以内

一時金の金額

320万円(一律)

請求手続き

請求書(下記備付)に必要事項を記入し、添付書類(診断書・領収書)を添付のうえ、下記あて持参または郵送で提出する。

※請求書や添付書類の様式は、厚生労働省または県のホームページからも取得できます。

※手続きできる時間は、平日の午前9時から午後5時です。

問合

県旧優生保護法関係相談窓口(県こども政策課内)

☎028-623-3064

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20