1. ホーム
  2. 子育て・健康・福祉
  3. 健康・医療
  4. 新型コロナウイルス関連情報
  5. 新型コロナウイルスワクチン接種に関すること
  6. 新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行(7月26日から受付開始)

子育て・健康・福祉

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行(7月26日から受付開始)

7月26日(月曜日)から海外渡航予定がある方を対象に、申請受付を開始します。当面は、海外渡航予定がある方のみを対象としています。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは

 現在、新型コロナワクチン接種時に、接種済証が発行されております。接種済証には英語表記がなく、偽造防止対策もされていないことから、国外に向けた利用には向いていません。
 そこで、国外に向けた利用に堪える新型コロナウイルスワクチン接種事実を証明するものとして、新型コロナウイルスワクチン接種証明書(以下、「ワクチンパスポート」)を発行いたします。
 ワクチンパスポートを提示することで、各国への入国時の隔離期間短縮や出発前PCR検査陰性証明の提出免除などの防疫措置緩和を受けられることが想定されております。

対象者

海外渡航予定がある方(当面は、海外渡航の予定がある方のみが対象)

交付申請に必要な書類

申請に必要な書類は次のとおりです。

  • 申請書(接種証明書交付申請書 [PDF形式/56.79KB])
  • 旅券(パスポート)(※1)
  • 接種券のうち「予診のみ」部分(※2)
  • 接種済証又は接種記録書(※3)

※1:旅券の有効期限にお気を付けください(有効期限切れの場合は発行できません。)。ワクチンパスポート利用時に使用する旅券をご提示ください。

※2:紛失した場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。
「予診のみ」部分とは、以下の部分を指します。

※3:接種済証又は接種記録書を紛失した場合でも、接種証明書の発行は可能ですが、接種記録確認に時間がかかる場合がございます。

◎以下の条件に該当する場合は次の書類も必要です。

 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合

  • 旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(旧姓・別姓・別名が記載されているマイナンバーカード、運転免許証、外国の旅券など)

申請受付窓口

  • 健康福祉課(保健福祉センター)
  • 市民課(烏山庁舎)

受付は平日の午前8時30分から午後5時15分までとなります。 

市民課では申請受付のみとなり、後日、ワクチンパスポートを郵送いたします。下記の『郵送による請求の場合』と同様の書類が必要になります。

即日発行を希望される場合は健康福祉課までお越しください。

代理人による請求の場合

上記の交付申請に必要な書類』の他に下記のものが必要になります。

  • 本人の自署による委任状(委任状 [PDF形式/71.88KB])
  • 代理人の本人確認書類

郵送による請求の場合

上記の交付申請に必要な書類』の他に下記のものが必要になります。

  • 送付先住所を記載し、切手を貼った返信用封筒
  • 住所が記載された本人確認書類の写し

その他

  • 接種券の発行を行った市町村で申請する必要があります。
  • 1回目と2回目の接種券が異なる市町村から発行された場合は、それぞれの市町村で申請が必要となります。
  • 手数料は無料です。1回の申請につき、交付は1部となります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康福祉課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室です。

保健福祉センター 〒321-0526 栃木県那須烏山市田野倉85-1

電話番号:0287-82-7535 ファクス番号:0287-88-6069

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る