1. ホーム
  2. 子育て・健康・福祉
  3. 子育て・健康・福祉のお知らせ
  4. 電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金

子育て・健康・福祉

電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金

電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい低所得世帯(住民税非課税世帯等)に対し、1世帯当たり5万円を支給することが決定されました。

1.支給対象

令和4年9月30日(以下「基準日」という。)において、那須烏山市の住民基本台帳に記録されている者で次の(1)又は(2)に該当する世帯主。
(※令和3年度・令和4年度いずれかの住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円)を受給済みであっても、要件に該当すれば支給されます。)

(1)令和4年度住民税非課税世帯

世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税世帯
※基準日において生活保護を受けている世帯も含まれます。

以下のいずれかに該当する世帯は対象外となります。

  • 住民税均等割が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯
    【例】親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯や、子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)など
  • 令和4年10月1日以降に入国した方のみからなる世帯

(2)令和4年1月以降の家計急変世帯

上記(1)以外の世帯で、予期せず令和4年1月から12月に家計が急変し、令和4年度住民税非課税世帯と同様の事情に当たると認められる世帯

(同一世帯に属する者全員の1年間の収入見込額(令和4年1月以降の任意の1カ月×12)又は1年間の所得見込額(収入見込額から1年間の経費等の見込額を控除して得た額)が住民税が非課税となる水準に相当する額以下である世帯。)

※臨時特別給付金の家計急変世帯は「コロナの影響による減収」が要件でしたが、今回の給付金の家計急変世帯では「予期しない減収」が要件となります。

以下の減収の場合などは、「予期しない減収」の要件に該当しません。

  • 定年退職による減収
  • 年金が支給されない月の減収
  • 事業活動に季節性があるケースで通常収入を得られる時期以外の減収

なお、次のいずれかに該当する場合は、家計急変世帯の対象になりません。

  • 住民税非課税世帯として今回の緊急支援給付金の支給を受けた世帯に属していた者を含む世帯(当該者が住民税非課税世帯に該当しない世帯に編入された場合の当該世帯を除く。)
  • 基準日において同一世帯に同居していた親族について、基準日の翌日以降に住民票の異動により、同一住所において別世帯とする世帯の分離の届出があったものは、同一世帯とみなし、同一住所に住民登録されているいずれかの世帯に対し、今回の緊急支援給付金を支給した場合の同一住所におけるその他の世帯

 ※住民税が課税されている方の扶養親族等のみで構成される世帯は支給の対象外となります。

2.支給額

1世帯あたり5万円

3.支給手続き

(1)令和4年度住民税非課税世帯

(1)確認書での手続き

令和4年11月25日に対象となる世帯の世帯主あてに、確認書を発送します。確認書が届いたら、「口座情報等に変更が無いか」「支給要件に合致するか」など記載内容をご確認し、必要事項をご記入の上、同封する返信用封筒により、確認書をご返送ください。

(那須烏山市が、以前の給付金などの振込口座情報を把握している方は、送付した確認書に振込口座が記載してあります。)

(2)申請書での手続き

転入者など市において、課税情報が確認できない世帯には確認書は送付しません。

対象となる世帯には12月上旬頃に申請書を発送する予定です。届いた書面の支給条件等をご確認いただき、対象となる場合には申請書と添付書類を返信用封筒に入れて、ご返送ください。

(2)令和4年1月以降の家計急変世帯

申請時点で那須烏山市に住民登録がある世帯の世帯主から、郵送等で申請していただきます。
※申請書の掲載は12月上旬を予定しています。しばらくお待ちください。

4.申請期限

令和5年1月31日(火曜日)【消印有効】

5.その他

 内閣府コールセンター

 電話番号:0120-526-145(フリーダイヤル)
 時間:午前9時から午後8時(土日祝日・12月29日~1月3日を除く)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康福祉課 臨時特別給付金担当です。

保健福祉センター 〒321-0526 栃木県那須烏山市田野倉85-1

電話番号:0287-82-7539 ファクス番号:0287-88-6069

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る